株式会社 はる書房 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-44 駿河台ビル TEL 03-3293-8549 FAX 03-3293-8558 info@harushobo.jp .
目次
トップページ
書籍リスト
購入情報
ブログ
神保町の空
リンク
トリオ・ジャパン
公益財団法人日米医学医療交流財団
アジアプレス・インターショナル
でく工房









近刊

【新版】茅葺きの民俗学
【新版】茅葺きの民俗学
――生活技術としての民家――
安藤邦廣 著
■定価 2,160円(税込)
■ISBN978-4-89984-163-0

茅葺き文化は蘇るか

「農家が茅葺きであることの意味、家畜を飼い薪をエネルギーとする暮らしが、その共同の営みが茅葺き民家なのである。 急速に姿を消しているとはいえ、未だ10万棟あまりの茅葺き民家が現存する。
技能の継承が危ぶまれた茅葺き職人も、ようやく若い後継者が各地で育ち始めた。

初版1983年来のロングセラー、新装新版にて再刊!!

A5判並製・224頁


電子書籍 本阿弥行状記(上・中・下)
電子書籍 本阿弥行状記(上・中・下)
和田宗春 訳註
■定価 未定
■ISBN978-4-89984-164-0

宗達、光琳の前に光悦あり!!

琳派の源流であり近世初期の隠れた大芸術家、本阿弥光悦の一族に伝わる「行状記」の完訳本

江戸時代初頭、洛北の鷹ヶ峰に芸術村を築いた本阿弥光悦は、俵屋宗達や尾形光琳、酒井抱一などのちに「琳派」として名をなす人人に比べて知られることのない人物であろう。だが、わが国の近世芸術史における重要性は疑いえないところである。本書は、上巻についてのみ訳本が出版されていた『本阿弥行状記』の下巻まで、全380段の完全な現代語訳である。光悦以下五代の一族郎等が生きていた近世初期の暮らしや世情が映し出された時代絵巻である。

7月

“思う”ことで変えられる
“思う”ことで変えられる
――「60歳まで必ず生きる」腎臓病エンジニアがゆく――
古薗 勉 著
■定価 1,404円(税込)
■ISBN978-4-89984-162-3

透析患者だけでなく全ての人へ

13歳で腎臓病を発症。血液透析、腹膜透析、在宅血液透析、そして献腎移植と全ての腎不全の治療法をつなぎながら強く生き抜く。この不屈のエピソードは、透析患者だけでなく全ての人に生きる勇気を与える感動の書です。
NPO法人腎臓サポート協会理事長・松村満美子氏推薦
四六判並製・192頁

3月

看護留学へのパスポート――専門職の道
看護留学へのパスポート――専門職の道
-シリーズ日米医学交流No.16-
公益財団法人日米医学医療交流財団 編
■定価 2,160円(税込)
■ISBN978-4-89984-161-6

米国では,専門資格をもつ看護師が活躍する.本書を執筆するのは,ナースプラクティショナーや看護麻酔師といった,あるいは,がんやホスピス,ウィメンズヘルスの分野で働くスペシャリストたちである.また看護教育からも,国内,在米の大学教官に加わってもらった.
25名の執筆者が明かす,留学,看護師としての自分,米国の大学院教育,資格とその専門性,医療の現場,日本との関わり,そしてこれから.

A5判並製・432頁

2月

東日本大震災 住田町の後方支援
東日本大震災 住田町の後方支援
――小さな町の大きな挑戦・木造仮設住宅を造った町――
多田欣一(住田町長)/木下繁喜 共著
■定価 1,620円(税込)
■ISBN978-4-89984-160-9

「大船渡と陸前高田は、同じ気仙地域の住田町が支援する!」

「被災した両市への緊急支援ができるのは住田町だけだ。「1週間もすれば全国からの支援がある。それまで職員は不眠不休の覚悟で頑張れ」。まるで号令をかけられたかのように、町も人も動き出す。 人口6000人の町が、2つの市の「後方支援」にあたる中で直面したこととは? 支援する側と支援を受ける側の「連携」はいかにしてはかられたのか。

四六判並製・384頁


震災があっても続ける
震災があっても続ける
――三陸・山田祭を追って――
矢野陽子 著
■定価 1,620円(税込)
■ISBN978-4-89984-159-3

作家・玄侑宗久氏推薦!

「満身創痍」の町の人々が繰りひろげる「まつりマジック」――。

ここには神さまと人間の秘密が、ザクザクと開陳されている。内でも外でも見えないモノが、著者の往復運動のなかで発見されたのである。

四六判並製・296頁

Top201620152014201320122011201020092008200720062005
Topic
日本名作名訳シリーズ
日本人の魂を揺さぶった世界的文学を見事な日本語に移し換えた歴史的名作翻訳を順次、発掘刊行いたします。
近代日本人が西洋の優れた文学作品に初めて出会ったときの興奮と歓喜を現代の読者にぜひとも体験して頂きたいと存じます。
小社は本シリーズ刊行に当たり、旧漢字、総ルビで新しく版を起こして、時代の香りを再現し、かつ読み易さを重視した本づくりを実践いたしました。
ぜひ、この名作名訳を通してあらためて日本語の豊かさと楽しさを満喫する、新たな日本語の冒険の旅へお出かけ下さい。

■既刊
世界名作名訳シリーズ No.1
黒岩涙香訳『噫無情(ああむじょう)』前篇
原作 ヴィクトル・ユゴー「レ・ミゼラブル」
四六判上製280頁 定価2625円(税込)
作品解説

世界名作名訳シリーズ No.2
黒岩涙香訳『噫無情(ああむじょう)』後篇
四六判上製240頁 定価2625円(税込)
作品解説

世界名作シリーズ No.3 & No.4
上田萬年訳『新譯伊蘇普(新訳イソップ)物語』(上篇・下篇)
四六判上製、定価各2625円(税込)
作品解説

世界名作シリーズ No.5 & No.6
黒岩涙香訳『巌窟王(がんくつおう)』(上巻・下巻)
四六判上製、定価:各3150円(税込)
原作 アレクサンドル・デュマ「モンテ・クリスト伯」
作品解説
編集室より
私どもが目指すのは、「暮らしの足もとを見直すためのヒントを提供できる本」の出版です。「書籍リスト」のページをご覧いただくと、出版物が各分野ごとに整理されています。「暮らしと社会」に始まって「暮らしと芸術」にいたるまで、「暮らし」という言葉が繰り返し見受けられますが、そこに小社の変わらぬスタンスが表れています。
会社創立から23年、これからも「暮らし」を意識した本づくりを手がけていきたいと思います。

マーク 株式会社 はる書房 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-44 駿河台ビル TEL 03-3293-8549 FAX 03-3293-8558 info@harushobo.jp
このホームページに記載のイラスト・写真・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。